調剤薬局事務の転職活動

調剤薬局事務を辞めたい方へ。ブラック職場は早めに転職した方がコスパ良いですよ

  • 調剤薬局事務として働いているけど、今の職場はもう限界…。
  • 仕事内容は好きだけど人間関係が最悪なので辞めたい。
  • お給料をもっと稼ぎたい。実務経験者として転職すれば年収はアップできる?

すでに調剤薬局事務として働いている人の中には、毎日「仕事を辞めたい」と苦痛を感じながら働いてらっしゃる方もおられるかも知れません。

私自身、調剤薬局事務として何度か転職し、複数の職場でいろんな同僚や薬剤師さん達と仕事をした経験があるのですが、

「どうしてもこの職場は合わないな」と感じたことはありました。

薬局という専門家が集まる職場なので、優秀な人もたくさんいますし、素晴らしい接客や事務をされる人はたくさんいます。

しかし、どんなに優秀な人であっても、

今の職場だけはどうしても合わない…」ということは普通にありえるんです。

ブラックな調剤薬局で働き続けるリスク

調剤薬局事務 辞めたい

(調剤薬局事務を辞めたい方へ)

もちろん、しっかりした職場環境が整っている調剤薬局も存在します。

そのような環境で働ける方は幸せですね。

一方で、「ブラック」と言わざるを得ないような問題のある調剤薬局も存在しているのが現実です。

「ブラックな調剤薬局」とはどんな職場かと言いますと、例えば以下のようなところです。

ブラックな調剤薬局の実態…

  • 大学病院に隣接しているため患者さんがとても多く、残業が当たり前のように何時間も発生している。
  • 毎日くたくたになるまで頑張っているのに、お給料は月給手取りで20万円もない…
  • 在庫の確認や掃除をなぜか「終業後」にやらせる(当然ながら残業代は出ない)
  • 薬剤師と事務の人間関係が最悪で、お互いを敵対視していがみ合っている

↑実はこちらは、私が過去に実際に経験した調剤薬局事務の職場環境です。

大型病院に隣接している調剤薬局は必然的に患者様が多くなるので、営業時間が過ぎても患者様がまだ残っているという事はあるでしょう。

その点はある程度致し方ないかと思いますが、例えば終業時間が過ぎても在庫の確認をさせられたり、掃除をさせられたりなど、

不必要に時間外労働をさせられた場合は、明らかにブラックな環境といわざるを得ません。

また、薬剤師と事務の関係が悪い職場もブラックである可能性が高いです。

事務の人が無言で薬剤師に処方箋を渡したり、薬剤師が事務に横暴な態度を取っていたりなど、お互いが協力的な態度で接していない薬局は、患者様にも敬遠されてしまうでしょう。

自分の能力をいかせないまま、時間が過ぎ年齢だけを重ねていく…

そしてそのような職場で働いてしまった時に考えられる最大のリスクは、

自分自身の能力を活かせないまま時間が過ぎてしまう事です。

人間誰しもそれぞれに能力があります。

その能力を高められないまま、ただただ働き続けて、そして気が付いたら引き返せないほどに年を取ってしまった…。

そんな事だって十分にあり得るのです。

転職についていえば、年齢は若い人ほど有利であるのが現実です。年齢を理由に今までのキャリアを否定されるのはとてもつらいことです。

そのような事態にならないよう、今一度自分を見直し、調剤薬局事務という仕事について考え、転職も視野に入れてみましょう。

年収アップを狙うなら「実務経験者」として転職しよう

せっかく転職するなら、お給料や福利厚生のアップを実現したいですよね。

キャリアアップにつながる転職をするためには、今までの実務経験をいかして転職するのが基本になります。

即戦力として働ける人を会社は高く評価する傾向があるからです。

この点、調剤薬局事務は有利であるといえますね。

調剤薬局事務は保険や医療の事をある程度熟知している事が求められます。

1からこうした知識を社員教育するには、企業側としては大きなコストが必要になります。

経験者ならすでに実務知識がありますので、企業側も実務経験者を優先的に良い条件で採用する傾向があるのです。

転職時には十二分にアピールできるポイントになるでしょう。

調剤薬局事務は転職後も「即戦力」として働ける仕事

ひとつの職場で調剤薬局事務として働いた経験がある人が、

別の調剤薬局に即戦力として採用されることは、そう難しいことではないです。

職場によっては、薬局事務だけではなく、ゆくゆくは営業や統括職も経験できるなど、社内でのキャリアアップを図れるところもありますよ。

調剤薬局事務は様々なスキルを伸ばせる職業です。そのスキルを伸ばして自分自身を成長させたいと思いませんか?

同じ働くのであれば、自分が輝ける場所がいいはずです。

自分の能力が活かせられるかをしっかりと見極め、即戦力で働ける職場を見つけてみましょう。

\ 調剤薬局経験者は優遇!/

調剤薬局事務の求人を探してみる

調剤薬局事務の経験は別職種に転職しても生かせる

調剤薬局事務は、仕事をしていく上での実務能力がまんべんなく求められる仕事です。

データを入力する作業を行ってきたため事務能力もありますし、お金を管理する業務も担ってきたので経理能力もあります。

さらに患者様と接してきた事でコミュニケーション力もしっかりとしている人がほとんどでしょう。

実は様々な能力をつちかう事ができるのが、調剤薬局事務の強みといえます。

調剤薬局事務として働いてきた経験がある人なら、営業事務や経理などの事務職・人と接する接客業など、様々な職種への転職も難しくないと思いますよ。

-調剤薬局事務の転職活動

Copyright© 調剤薬局事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.