調剤薬局事務の転職活動

調剤薬局事務は男性も転職できる?女性との仕事内容や給料は違う?

  • 男性でも調剤薬局事務になれる?やはり女性が多いの?
  • 職場に馴染めるか不安…。女性が多い職場で男性は浮いてしまうのでは?
  • 給料や平均年収は?男性と女性で差がある?

調剤薬局事務へ転職を考えている男性の中には、女性が多い職場のイメージがあるので採用されるのか不安を感じている方はいるのではないでしょうか。

また男性と女性では、お給料や業務内容が異なるのか気になりますよね。

実際のところ、男性でも調剤薬局事務に採用される可能性は十分にありますよ

しかし、女性の多い職場で男性が働くには、気をつけておくべき心構えなどもあります。

この記事では、男性が調剤薬局事務に転職した場合の職場環境やお給料について解説します。

男性と女性の業務内容や待遇の差についても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

男性は調剤薬局事務になれるのか?

調剤薬局事務と聞くと、働くほとんどが女性というイメージかと思います。

しかし、もちろん男性でも働くことは可能です。

求人でも性別が限定されていることはほとんどありません。

男性でも採用されるパターンもあるでしょう。

私が調剤薬局事務として働いていた時は、男性の事務は見たことはありません。

しかしながら、他の支店にはいたと聞いたこともあります。

ただ実際に男性で調剤薬局事務として働くというのであれば、それ相応の覚悟は持って挑んだ方が良いでしょう

調剤薬局事務の職場環境は?

覚悟が必要な理由のひとつとしては、その職場環境にあります。

調剤薬局事務は女性ばかりですので、女社会の中で働いていかなければならないという現実があります。

もちろん優しい女性も多いです。

しかし、中にはこのような女性ならではの陰湿な行為をされる場合もあるかもしれません。

  • 嫌味を言う
  • 数名でいじめる など

女性は異性の仕事ぶりには厳しい方が多いです。

女性が多くても気にせず働いていけるという自信がある方でないと、かなり大変かもしれません。

薬剤師と調剤薬局事務の待遇に差がある?

さらに理由を挙げるならば、薬剤師と調剤薬局事務の待遇の差にあります。

薬剤師は男性の方も多く、管理薬剤師になって出世コースを歩んでいく方も多くいます。

もちろん調剤薬局事務より薬剤師の方が給与が良い上に、将来的にも安定と言えます。

その待遇の差を嫌でも身近で感じる事になります。

もしそれが嫌だと思うのであれば、男性の調剤薬局事務として働くのは難しいかもしれません。

仕事内容は男性と女性とで違いはある?

結論から言うと、男女で仕事内容に差が出ることはありません

調剤薬局事務はこのような事務作業があります。

  • 処方せん入力
  • 金銭管理
  • レセプト請求 など

ただ、以下のような力仕事の際には、男性の出番が多くなるかと思います。

  • OTC商品の棚入れ
  • 第3類医薬品などの補充

これらの商品は大きいダンボールで搬出されることが多く、時には一度に何箱も届けられる場合もあります。

男性は患者様の対応をすることが多い?

また、力作業という面では、サポートが必要な患者様の対応を任されることが多くなるかと思います。

例えば、このような患者様の対応をお願いされる場合があるでしょう。

  • 車椅子で段差が登れない患者様には、車椅子を持ち上げて誘導する
  • 足が悪くて歩きづらい患者様には、手を貸して薬剤師のところまで連れて行く

女性だけでは難しい作業も、男性一人いればスムーズに進みます。

そういった点では男性は重宝されるかもしれません。

調剤薬局事務の仕事は個人の力量が伝わりにくい?

ただし、調剤薬局事務の仕事は、基本的にひとつの仕事を全員でやり遂げようというスタンスです。

逆を言えば個人個人の仕事の差が分かりづらい傾向があります。

よって、個人の頑張りのアピールが難しいという面があります。

自分の頑張りを見てもらいたいという男性の方にとっては、その点はすこしもどかしいかもしれません。

逆にみんなで頑張りたいという協調性に重きを置く男性の方には、向いているのではないでしょうか。

給与・平均年収は男女で違いはある?

給与面に関してですが、結論から言えば男女で差は出ないと思います。

調剤薬局事務は男女関係なく、次の点を公平に考慮して給与を設定しています。

ポイント

  • 勤務年
  • 前職の経験
  • 勤務態度 など

実際に働いていた職場では、正社員かパートかでの給与の違いはありました。

ですが、性別で給与に差が出るというのは聞いたことがありません。

調剤薬局事務の平均給料は安い・高い?

調剤薬局事務は平均して給料が安いという面があります。

1人暮らしの場合は、やりくりが大変になるかもしれません。

特に男性の方は、もし自分が家庭を持った際には、調剤薬局事務の給料では家族を養っていくことはかなり厳しいでしょう。

自分の将来や人生設計を見直して、調剤薬局事務として働いていけるのかどうかを、しっかりと考えてみましょう。

-調剤薬局事務の転職活動

Copyright© 調剤薬局事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.