調剤薬局事務の年収

調剤薬局事務の給料手取りは平均いくら?残業やボーナスの実態を解説!

調剤薬局事務職は、未経験から医療に関するお仕事につけるということで人気の職種です。

ただ、どんなにやりがいのある仕事であったとしても、働きに見合ったお給料がもらえないと続けることはできませんよね。

この記事では、調剤薬局事務のお給料の手取り額について解説します。

ボーナス支給の有無や残業代の実態についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

調剤薬局事務の給料手取りの実態とは?

調剤薬局事務 給料 手取り

(調剤薬局事務の給料手取りはいくら?)

調剤薬局事務の正社員としての平均年収は、250〜300万円が相場です。

月給でいえば20万円〜30万円ですね。

↓そこから税金や社会保険料を引かれる手取りでは、16万〜25万円といったところでしょう。

調剤薬局事務 給料 手取り

(調剤薬局事務の求人例:こちらはリクナビNEXTに掲載されている求人です)

営業職のようにノルマがある仕事ではありませんので、正社員のお仕事としてはごく平均的な金額と言えます。

\ 未経験者OKの求人多数!/

調剤薬局事務の求人を探してみる!

人の入れ替わりが多い職場

ただし、調剤薬局事務は「ひとつの職場で長年勤務している」という人はそれほど多くないです。

辞めたり入社したりと、人の入れ替わりが多い職場と言えます。

その理由としては、女性が中心の職場であることがあげられるでしょう。

つまり、出産・育児のタイミングで職場を離れる人が多いのです。

ただし、この仕事は安定的な需要があって、経験者はとても採用されやすいですから、子育てなどでいったん現場を離れても、再雇用してもらえるケースは多いですね。

このあたりはこの仕事の働きやすい面と言えます。

調剤薬局事務の給料は、雇用形態や地域によって変わる

調剤薬局事務の給料手取りは、地域によってかなり開きがあります(都市部にある調剤薬局は給料手取りが多い傾向があります)

調剤薬局事務の平均年収の相場に大きな開きがあるのは、店舗の規模や地域格差によって変動があるからです。

首都圏の大きな店舗であれば、ボーナスの支給はもちろん、福利厚生も整っています。

しかし、地方の小さな店舗の場合は、正社員がパート社員並の賃金で雇われているという場合も少なくありません。

パートや派遣社員の調剤薬局事務として働く場合

なお、正社員でないパートやアルバイトの平均時給は800円程度です。

正社員でないと重要な仕事を任せてもらうことが難しいため、コンビニやスーパーのアルバイトと仕事内容に大きな差はありません。

派遣社員の平均時給は1,200円程度と、ごく一般的な金額です。

調剤薬局事務として働くなら、正社員として働くことをおすすめします。

調剤薬局事務はなぜ人気なの?

調剤薬局事務のお給料手取りは、ごく平均的な金額と言えます。

それでも、他の事務職などと比べると人気の職種になっています。

調剤薬局事務として働くための、専門の資格講座などもたくさん開講されているぐらいですからね。

調剤薬局事務が人気の理由は、医療に関するお仕事には珍しく、「無資格・未経験」でもキャリアをスタートすることができるからです。

パソコン操作に不安がなく、接客に抵抗がない人なら、誰でも適性があります。

また、同じ調剤薬局であれば基本的にどこも同じ仕事内容になりますから、

一つの店舗で経験があれば、他の店舗でも即戦力として採用されやすいのも、人気の理由のひとつですね。

さらにいえば、個人医院に併設されている店舗は、その多くが開院日に合わせて営業しています。

病院はカレンダー通りに休むことが多いため、子供と休みを合わせたい主婦には魅力的な勤務形態といえます。

調剤薬局事務が給料手取りを上げるには?

調剤薬局事務として、お給料の手取り額を上げていくためにはどうしたらいいでしょうか。

↓調剤薬局事務が手取り額を上げるための具体的な方法としては、以下の3つがあります。

給料手取りを上げる3つの方法

  1. 資格を取得する
  2. 実務経験を積み、もっと条件の良い薬局へ転職する
  3. 医療事務へ転職する

それぞれの方法について、順番に見ていきましょう。

1.資格を取得する

調剤薬局事務の仕事は、無資格でも問題はありません。

しかし、実際に勤務すると必ず勉強するのが、調剤報酬です。

現場で教えてもらうにしても、ある程度の知識が必要なため、テキストの購入は必須となります。

せっかくテキストを購入するならば、資格を取得することをおすすめします。

資格を取得すれば、資格手当をもらえる場合があり、昇給に直結するからです。

中でも、調剤報酬請求事務専門士は1級〜3級まであり、2年毎に更新される調剤薬局事務の難関資格です。

1級に合格すれば、転職時の採用率は間違いなく上がります。キャリアを積むには絶好の資格と言えるでしょう。

また、登録販売者の資格もおすすめです。

登録販売者は、薬剤師に代わって風邪薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)を販売することができるという資格です。

ドラッグストアなどでも通用するメジャーな資格と言えます。

↓※調剤薬局事務の資格に挑戦するならこちら(無料で資料請求できます)

調剤薬局事務 給料 手取り

(薬局事務として資格をとるなら登録販売者がおすすめです)

\ 無料で資料パンフレットもらえます!/

ヒューマンアカデミーの公式サイトはこちら

2.実務経験を積み、もっと条件の良い薬局へ転職する

一般企業と同様に、調剤薬局も店舗の大きさによって手取り額が変わります。

個人経営の小さな店舗なら、チェーン展開しているような大きい店舗へチャレンジするのをおすすめします。

チェーン展開している店舗は経営も安定しているため、給与価格も平均より高く設定されていることが多いのです。

また、家賃補助などの福利厚生もしっかりしており、ボーナス支給も見込めます。

資格取得補助や社内研修などの、スキルアップに対する支援もあるため、大変魅力的です。

更に頑張り次第では、教育担当として本社勤務につくこともできますよ。

年収アップと同時にキャリアを積めるため、仕事を頑張りたいと考えている人にとって、チェーン店はぴったりです。

3.医療事務へ転職する

調剤薬局事務の転職先として一番人気があるのが医療事務です。

医療事務の仕事では、調剤薬局で学んだ薬や調剤報酬の知識が、そのまま通用するからです。

医療事務も調剤薬局事務と同様に、無資格での就業が可能で、経験があれば採用されやすい職種です。

自費診療のクリニックを選べば、年収を大幅に上げることができるのです。

特に美容クリニックなどは、月給30万以上からスタートのこともあります。

ボーナスの支給額も調剤薬局事務よりもかなり高いため、狙い目と言えるでしょう。

↓※医療事務のお仕事を探すなら、転職業界最大手のリクルートエージェントがおすすめです。

-調剤薬局事務の年収

Copyright© 調剤薬局事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.