【調剤薬局事務の仕事内容】未経験でも働ける?資格は必要?

この記事では、調剤薬局事務の具体的な仕事内容について解説いたします。

調剤薬局事務は薬剤師さんと協力しながら患者さんの健康をサポートするお仕事です。

一見難しい感じがするかもしれませんが、未経験の方で資格がなくても働くことは可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

調剤薬局事務の4つの仕事内容

調剤薬局事務 仕事内容

(調剤薬局事務の仕事内容は大きく分けて4つあります)

↓調剤薬局事務の仕事内容は、大きく分けて以下の4つがあります。

調剤薬局事務の仕事内容

  1. 接客
  2. 会計
  3. レセプト請求
  4. 調剤補助

それぞれの仕事の具体的な内容について、順番に見ていきましょう。

1.接客の仕事内容

調剤薬局事務のお仕事はまず患者さんに挨拶し、処方箋をお預かりすることから始まります。

処方箋は患者さんのプライバシーに関わる大切な書類であり、レセプト請求をする為に欠かせない書類ですので厳重に扱わなければなりません。

また、他の患者さんに見えないように配慮することも大切です。

次にお薬手帳をお持ちでない患者さんにはお持ちかどうかの確認と必要性の説明、ジェネリックに変更出来るお薬が処方されていれば随時説明し、薬をお渡しするまで長時間お待ちにならなければいけない患者さんには待ち時間についての説明等を行います。

患者さんにとって薬局は病院での待ち時間に加え、さらに薬局へ足を運び薬が出来上がるまで待たなければならない場所です。

複数の診療科を受診される方であれば病院と薬局へ行くことは一日仕事であることを念頭にいれて対応します。

調剤薬局事務は想像より接客スキルが求められます。

常連の患者さんの氏名・お顔を憶えることも大切な業務です。

多店舗を担当する業務につく方や異動がある方は様々な患者さんと接客するので各々の患者さんに合った対応ができるようになります。

調剤薬局事務は患者さんが薬局に入って最初に出会う人です。

薬局の第一印象を決定づける為、処方箋を受け取るだけではなく患者さんが薬を受け取って帰るまで気にかけ、常に見られているという意識をもちながら行う仕事です。

2.会計の仕事内容

患者さんから受け取った処方箋を調剤薬局専用のパソコンに患者氏名・生年月日・性別・交付年月日・保険番号・薬名・分量・用法・必要な点数の算定等をミスのないよう入力します。

入力した内容は領収書や薬袋というお薬をいれる袋、薬剤情報提供書(薬の説明書)等に反映され、印刷されたものが患者さんへ薬剤師から手渡されます。

基本的には入力は簡単な作業です。

しかし、必要な点数の算定には調剤報酬についての正確な知識を学ぶ必要があります。

また調剤報酬は2年に1度改訂されますのでその都度調剤報酬について学び直します。

入力に重要なのは集中力も挙げられます。

処方箋は各薬局で受け取る枚数が異なります。

大病院前では1日200名の処方箋を受け取り入力するので、長時間集中しなければなりません。

入力途中に患者さんから質問されることもありますので、入力に集中することができな
い状況になることもあります。

入力ミスをすることによって、再度入力をやり直し患者さんの待ち時間が長くなり、特に薬剤名や分量の入力ミスをすると患者さんの命に関わる為、集中力は常に欠かせません。

3.レセプト請求の仕事内容

毎月レセプト請求は翌月の10日までに各保険組合に請求します。

通常の業務を行いながらの作業ですので、月初めから10日までは調剤薬局事務として多忙な時期といえます。

過去には手書きでレセプトを作成し各保険組合に請求していましたが、現在は電子レセプトで請求できるようになった為、業務は楽になりました。

ただし電子レセプトで送れない請求もありますので請求もれのないように行います。

請求後も各書類の管理業務があります。

定められた期間1枚の漏れもないように保管しなければなりません。

4.調剤補助の仕事内容

調剤補助とは薬剤師の指示に基づき薬剤師の業務を補助する仕事です。

調剤薬局事務は調剤補助の作業がなければ薬を実際に目にする機会はほぼないので、薬の名前を覚えるにはとても良い機会になります。

↓調剤補助は各薬局によって任される業務が異なりますが、具体的な業務内容としては以下のようなものがあります。

調剤補助の仕事内容

  • 納品された薬を棚にしまう
  • お薬カレンダーに薬を設置
  • ピッキング
  • 一包化の数量チェック

この中で、納品された薬を棚にしまう作業は覚えるまでに時間がかかります。

その他の作業は難しいものではありませんのでご安心下さい。

調剤薬局事務の仕事内容

登録販売者と調剤薬局事務はどっちがおすすめ?資格取得のメリットを解説

2020/8/5  

これから仕事を探す時「登録販売者と調剤薬局事務はどっちの方がいいんだろう」という疑問が湧いて来る方も多いと思います。この記事では「登録販売者と調剤薬局事務の違い」を徹底解説いたしますのでぜひ参考にしてください。

調剤薬局事務 つらい

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務のつらい瞬間5つ!大変なのは人間関係?仕事内容?

2020/5/21  

調剤薬局事務のお仕事は、「患者さんのお役に立てる」「未経験から専門職を目指せる」ということで人気の高いお仕事ですね。ですが、どんな仕事でも楽しいことばかりではありません。ときには仕事を辞めたいと感じるような「つらい」と感じる瞬間があります。この記事では、調剤薬局事務の仕事をしていてつらいと感じる瞬間を5つ紹介します。
これから未経験で調剤薬局事務に転職することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

調剤薬局事務 やりがい

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務のやりがいは?患者さんや薬剤師相手の仕事は楽しい?

2020/5/12  

「調剤薬局事務ってやりがいのある仕事?薬剤師さんと一緒に働くってどんな感じ?患者さんとのやりとりは楽しい?」今回は、調剤薬局事務の仕事をやっていて良かったと感じていることを紹介します。これから調剤薬局事務の仕事に挑戦しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

薬局事務 大変

調剤薬局事務の仕事内容

薬局事務の仕事は大変?調剤薬局の業務内容【転職体験談】

2020/5/11  

調剤薬局事務は人気の職業ですが、仕事をしていて「大変だな」と感じる場面も少なくありません。
薬局事務の仕事は、大きく分けて「接客・会計業務・レセプト請求業務・調剤補助・その他」の5つに分かれます。
この記事では、実際に調剤薬局事務として働いている私の経験から、それぞれの業務内容で大変とか詰るところを紹介します。

Copyright© 調剤薬局事務の転職活動ナビ , 2020 All Rights Reserved.