30代フリーター男性の転職戦略

フリーター脱出ナビ

30代 フリーター 男

(この記事では、30代フリーター男性が現在の状況を脱出して、正社員として平均年収以上を稼げるようになるための現実的かつ具体的な解決策を説明します)

  • 30代になっても正社員になれず、将来が不安…
  • 彼女が出来たが、フリーターのままで結婚できるのだろうか?
  • 正社員になりたいが、どこを頼ればいいのかわからない
  • まわりの30代は年収どれだけ稼いでいるのだろうか

正社員経験のない30代のフリーターの方は、以上のような不安や疑問を抱いている方が数多くいます。

この記事では、これまでに正社員としての実務経験がない方向けに、非正規から正社員に就職するための具体的な方法を解説いたします。

まずは平均年収を稼ぐところから!(実はそれほど難しいことではありません)

ぜひ参考にしてみてくださいね。

30代フリーター男の悲惨な末路

本当に申し訳ありません。最初にきびしいことからお伝えします。

(ちょっと辛いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、後で解決法についても具体的にお伝えしますのでご安心ください)

30代で正社員で働いた経験のないフリーター男は、はっきりいってかなりやばい状況です。

30代になると、20代のときには「まだ若いから」で許されていたことが、だんだんと許されなくなっていくからです。

具体的な「30代フリーター男性がやばい理由」として、ここでは次の2点について説明します。

30代フリーター男が本当にやばい理由


  • ①30代フリーター男と結婚したい女性は普通いない
  • ②時間がたてばたつほど状況は苦しくなる

以下、順番に見ていきましょう。

①30代フリーター男と結婚したい女性は普通いない

あなたがどれだけイケメンの男性だったとしても、フリーターという職業の男性をかまってくれる女性はどんどんいなくなります。

(同年代の女性では、真面目な恋愛の相手としては「対象外」となってしまうのが実際のところでしょう)

子供ができたときにどのぐらいの生活費が必要かご存知でしょうか。

統計局の家計調査報告によると、妻と子供1人の3人家族の場合、平均的な生活費は月27万。

しかし、厚労省の統計によると、フリーター含む非正規雇用者の年収は、70%が200万円以下なのです。

年収200万円と仮定したとすると、月給にすると16.6万円。

税金や社会保険料を払うと手取りはさらに少なってしまいます。

共働きが広まっているとはいえ、金銭不安を払しょくできない男性との結婚を、女性はためらうでしょう。

その間にも、あなたのまわりの30代男性はどんどん結婚していきます。

子供が生まれたり、家を購入したりする人が現れるのもこの頃です。

古くからの友人も、独身のあなたと遊んでいる時間はないと感じるようになり、誘いを断るようになるでしょう。

焦りと孤独感はどんどん深まり、正社員にならなかったのを後悔するようになるかもしれません。

②時間がたてばたつほど状況は苦しくなる

どんなに遅くとも、30代前半までに何らかのキャリアをスタートさせるべきです!

35歳を超えると、正社員ですら転職に制限が掛かるようになります。

一刻も早く正社員での就職を目指してください。

心配は無用!30代からキャリア挽回した人はたくさんいる!

ここまで厳しい現状を書いてきましたが、ここからは具体的な解決策をお教えします。

結論から言うと、30歳からの正社員就職は十分できます。

夢破れたバンドマンや引きこもりなど、正社員に就けなかった方々が一念発起して就職するのもこの時期です。

状況は厳しくとも、現状をしっかり認識すれば活路は見いだせるでしょう。

ただし、やみくもに行動しても失敗してしまう可能性が大です。

ただでさえハードルが高いうえに、経験や知識が不足しているのでうまくいきません。

このような時は、無料で使えるプロの力を借りましょう。

まずは平均年収を稼ぐところから(実はそれほど難しくはない)

30代前半男性の平均年収は、403万円です。

手取り額で言うと、年収300万円で月収は25万円程。

そんなに難しくないハードルではないのが分かります。

30歳での採用となると初任給もアップするので、自分の適性を知り、それに合った仕事を数年間勤続できれば達成できます。

とりあえず正社員としてキャリアをスタートさせれば、ステップアップの道はどんどん見えてくるでしょう。

仕事をこなすことで自信がつき、見える世界が全く違ってくるはずです。

あなたを見下していた周りも、見る目が変わります。

30代フリーター男が正社員になる超具体的なステップ

それでは、30代フリーターが正社員での就職を実現できる具体的な方法をお教えします。

具体的には、以下の3ステップです。

30代フリーター男が正社員になる具体的ステップ


  • ①まずは転職サイトに無料登録して情報収集する
  • ②応募企業をしぼりこむ
  • ③書類選考と面接対策を行う

以下ではそれぞれのステップについて、順番に見ていきましょう。

この通りに順序良く進めていけば、あなたが現在どのような状況にいても実現可能です。

まずは勇気を出して、行動を起こすところから始めてみてくださいね。

①まずは転職サイトに無料登録して情報収集する

「最初はハローワークから…」と考えるフリーターの方もいますが、まずすべきは転職サイトへの登録です!

転職サイトは、ハローワークに行くよりも圧倒的に効率的に多くの求人情報をとれます。

一度登録してみれば、メールボックスに大量に届く求人情報に驚くはずです。

フリーターの支援が得意な転職サイトも存在しており、あなたの選択肢は実はとてつもなく多い事に気づくでしょう。

30代フリーターが「自力で転職活動」してはいけない理由

30代フリーターからの就職活動の場合、「自力で転職活動」はまずありえません。

学生の就職活動のように「まずは自己分析から…」では、結局行動につながらない可能性もあります。

「他人の力を借りるなんて…」と躊躇される方もいますが、転職サイトはあくまでビジネスのために存在し、求職者は無料で利用できるので遠慮する必要もありません。

求人紹介やキャリア相談を行ってくれる転職エージェントも同時に利用すれば、自力で活動するより情報量で圧倒的な差がつきます。

20代の人にも負けないあなたの強みを知ることが重要

転職サイトだけではわからない「求人企業にアピールできる形」でのあなたの強みも、エージェントに相談して初めて分かります。

長所と短所は表裏一体


  • 様々な職を転々とした→だからこそ様々な経験を積んでいる
  • 肉体労働しかやったことがない→体力には自信がある
  • コミュニケーションが苦手→黙々と作業をするのが得意

長所と短所は表裏一体、結局はどうアピールするかの問題でしかないのです。

②応募企業をしぼりこむ

次に、30代フリーターであるあなたが採用される可能性のある応募先を、具体的に絞り込む作業を行います。

自己流で30代の方の転職活動がうまくいかないのは、ここで「自分の感覚で応募先を選んでしまう」という失敗をする人が多いからです。

この記事を読んでくれているあなたには、そんな失敗をしてほしくありません。

具体的な解決策をお伝えします。

無料面談で「実現可能な選択肢」を提示してもらおう

結論から言うと、ここでも転職エージェントを上手に活用しましょう(無料で使えます)

転職エージェントに登録すると、あなたの客観的な状況から現実的な求人を紹介してもらえます。

ほとんどの人が「なんとなく」で応募する求人を決めるのに対し、「あなたが採用される可能性の高い企業」を絞り込んでくれるのです。

これにより、ミスマッチを防ぎ、時間のロスを減らすことができます。

まずは提示された求人をもとに応募を開始しましょう。

③書類選考と面接対策を行う

応募先の絞り込みが完了したら、次はいよいよ応募(書類選考)です。

とはいえ、応募や転職先人事担当者とのアポイントとりなどはすべて転職エージェントがやってくれます。

書類選考に通りやすい応募書類の書き方も教えてもらうことができますよ。

転職エージェントは具体的に何をしてくれるの?

可能性の高い求人のしぼりこみの他にも、転職エージェントは様々なことを代行してくれます。

転職エージェントがやってくれること


  • 応募書類添削
  • 人事担当者とのアポ取り、面接日程の調整
  • 年収交渉
  • 面接対策
  • 二人三脚で内定まで導いてくれる

企業に言いづらい、聞きづらいことも率先して聞いてくれるので、企業への質問がある場合はまずエージェントに相談しましょう。

転職エージェントはこれまでのあなたの生き方を否定することは一切ありません

「30代フリーターだと、転職エージェントに批判されたり馬鹿にされたりするのでは…」という不安を抱く方もいますが、心配ありません。

転職エージェントの報酬は、企業があなたの年収額をもとに計算する手数料(採用側の企業が負担するのであなた自身は無料)なので、利害は一致しているのです。

転職エージェントは、あなたを転職させて初めて利益が生まれるので、今までの人生を批判しても何の得もありません。

就職を成功させるための戦友として、信頼してください。

まとめ:プライドを持って生きるための第一歩をふみだそう

もしフリーターから正社員になることに成功したら、まずすべきは平均年収を稼ぐことです!

ある程度の年収があれば、人生の選択肢が広がり、結婚、子供、持ち家などの幸せをつかむことができます。

生き方にこだわりがある人も、まずはキャリア構築の第一歩(正社員で就職する)を踏み出さないと人生のスタートラインには立てません。

スタートラインに立つことができれば、そこから先はより大きなジャンプができるはずです。

恐れずに、新たな人生への第一歩を踏み出しましょう!

更新日:

Copyright© フリーター脱出ナビ , 2019 All Rights Reserved.